<< GWも終わりましたが main これこそが >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- cm:0 tb:0
花君ドラマ化について
中条比紗也さんの「花ざかりの君たちへ」がドラマ化するらしいんですが(友人情報・未確認)、雪月の愛読書だった花君。愛蔵版も6月19日に出るらしいです(たいぷは買うでしょうw)。内容は大好きな高飛び選手を追っかけて男子校に入学した女の子のドキドキときめきスクールライフもの。しかも、全寮制。ドラマ化に際して、原作を読まれることを強くオススメしますが(非常に面白いです)、オスカー・M・姫島、中央千里、門真将太郎を誰がするのか楽しみです。花君は全キャラ総じて美形なので読者の夢をぶち壊すのは必至ですが(どうせ可愛い系のキャラで小池徹平さんとか使いそう)、心配なのは関西キャラの中津、ゲイの梅田北斗や、ハミングバード好きなひばり様とか原作の雰囲気を保って演じられるのかということです。まぁ中央千里が一番難しいでしょうがw。ドラマ化よりもアニメ化をするんじゃ?って昔から思ってました。

あの頃の花とゆめは雪月青春真っ只中で毎号寮に帰る途中の本屋さんで買ってました。当時残念ながら今みたいに少女漫画を気安く買える乙男がいなかったのですが、大好きな日高万里さんの世界で一番大嫌い(秋吉家もの)、高屋奈月さんのフルバ、学園アリスでお馴染みの樋口橘さんのMとNの肖像、今でも大好き絵夢羅さんのWジュリエット、たいぷも代好き由貴香織里さんの天使禁猟区、あと山田南平さんの紅茶王子や松下容子さんの闇の末裔とか(多分これらが同時期あたりに連載してたと思うのですが・・・)。言わずと知れた津田さんのカレカノはLaLaで同時期連載してましたしね。まぁカレカノ、フルバ、MN、Wジュリ、せかキラ、天禁あたりはプチ乙男の人も読んだ方がいいと思うので、今からでも遅くないので読んでみてください。
雪月 兎 cm:0 tb:1
スポンサーサイト
- cm:0 tb:0
comment




trackback url
http://mousukoshi.jugem.jp/trackback/318
trackback
中条比紗也
中条比紗也中条 比紗也(なかじょう ひさや、9月12日 - )は、日本の漫画家。大阪府出身。1994年、「花とゆめ」23号(白泉社)に掲載の『ハートの果実』でデビュー。以後、「花とゆめ」本誌を中心に活躍している。代表作は、コミックスの累計売上げが
かなでのblog 2007/05/24 9:23 AM
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories
comment