<< 全俺を敵にした main 今月の本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- cm:0 tb:0
褒めれば伸びる子
 わーい。ななくさんに褒められた!!w。雪月は伸びるこですから、もっと褒めてw

褒めて伸びるといえば、先日の記事とも関連があるのですが、巷で話題のエヴァンゲリオン。中学時代に傾倒していた作品の1つで、旧作(という表現がいいのか?)TVシリーズ数十回と旧劇場版(D&R,Air/まごころ)は両作品とも劇場で2回以上見たのも良い思いでです。うち1回はななくさんの弟君と行きました。あぁ、懐かしや!。また、一緒に見に行きたいものです。本当に。

さてさてそれほど好きだった作品なのですが、今回放映されている一連の新作シリーズはまだ1度も見ていません。もう、雪月の中ではエヴァは完結しているからです。

先日の記事に書いたことで、1つ危険な事があります。それは、とある見方(パースペクティヴ)で見たときに、それがあっている・間違っているに関わらず、自身が納得してしまった場合、その作品の再解釈が非常に困難になるということです。

ちょっと例をあげると、シュレ猫みたいになりますが、不確定だったものが確定してしまうと元の状態には戻れないということです。生きているか・死んでいるか分からない箱をそのままにするか、開けて納得するか。開けた場合、もう一度閉めても、開ける前のワクワク感は戻りません。

エヴァに対して雪月は蓋を開けてしまったことになります。
批判は大いにあると思いますが、エヴァで鍵となるのはシンジ君と、何よりそのシンジ君の選択だと思っています。もう10年以上も前のことなので、内容もうる覚えですが、3rdインパクト後のシンジ君の選択こそ、雪月にとっては、相容れないものだったのです。(ATフィールドの境界がなくなって、1つになった時に、まさに冬月先生のいう「人類の未来は、碇の息子に委ねらた」状態の中で、そして、シンジ君は選択し、アスカと残り、シンジ君は殺すことが出来ずに、「気持ち悪い」で終わった。最後にアスカが残ったのは、現実であり、他人としての象徴であり、相容れないからこそ、彼女がなぜ「気持ち悪い」と言ったのか。個人的には旧作劇場版のこの一連のシーンがエヴァの主題であり、今放映されている一連の(全く内容は知らないので、間違っていることが多いかも知れませんが)YOU ARE (NOT) ALONE、YOU CAN (NOT) ADVANCE、YOU CAN (NOT) REDOのAlone(一人じゃない)、Advance(前に進める)、ReDO(やり直せる)が全て含まれ、それはシンジ君ではなく、あなた自身の選択によるものだという強いメッセージだったと雪月は解釈しました。現に(NOT)になるならないは、選択によるものだという解釈が巷で出ていますが、あれは作品以前にお前らに言ってんだよと言わんばかりの庵野監督からのメッセージだと思います。まぁReDOに関しては、覆水盆に帰らずと言うか、同じやり直しでも性質の異なるやり直しになるので、捕らえどころが難しいと思いますが。トップをねらえ!のコーチ曰く「こぼれた水はまた汲めばいい」にあたるのでしょうが。)

10年前、そうだと思い、メッセージを受け取った(勝手に解釈した)ので、この10年間でエヴァを超える作品はなかったという監督の言葉は、暗に「お前ら、まだわかんねぇーのかよ」とも言われているようで、新作関連はまだ見ていません。勿論、作品全て出揃った時点で、もう一度、旧作からの流れで見るつもりではありますが、当時のような感動は得られないのではないかと思っています。それは、雪月にとって、旧作はまさに通過儀礼であり、もう戻ることが出来ないからです。

さて、褒めて伸びるでこの話をしたのは、旧作最後の1人がアスカでなく、ミサトさんだったら、間違いなく雪月は未だにエヴァの呪縛から逃れられていなかったと思うからです。そして当時の雪月はそうであって欲しかったからです。(綾波はオカンなので、作品の性質として残らないのは決定的で、他人のうち、アスカではなくミサトさんと残り、「おかえりなさい」なんて言われた日にゃ、ゲシュタルト崩壊してしまいます。今でもw)。要は甘えんな!ということでアスカが喰われて取り込まれ、最後に残るのは、TV最終話の自分で殻を破れた「(気づけて)おめでとう!」のシンジ君とは違うルートで進んだ劇場版の終着点としては必然であった訳で、庵野監督を、鬱展開とか言っている人は何を感じ取っているのか聞いてみたいぐらいです。鬱と言うより、ものすごい優しさだと思います。アスカだったからこそ、今の雪月はなるべく自分で考えるようにしています。まぁ、当時からアスカはあんまり好きじゃなかったんですがねw。

現在、TV作品のミサトさん達と同じ年になった訳ですが、今ならミサトさんの気持ちも分かるのかなぁと思いつつ、彼女の言った「自己嫌悪とぬか喜びの繰り返しでも、前に進めた」というあの言葉の重みを感じつつ、自分の中では完結したつもりでも、実はまだまだ引きずっているとも知らぬ、言わぬが仏の気がします。今日はここまでにしたいと思います。

追。あー百合姫おもしれーwww
(いつも最後に台無し

雪月 兎 cm:2 tb:0
スポンサーサイト
- cm:0 tb:0
comment
何をどこまでで良しと納得するかはその人次第。
「もしも」の話は並行世界としてまだ許容できても、1から解釈をやり直すのはなかなか労力のいることかと。

斯く言う自分は「おめでとう」で完結してるので、劇場版は一度も観てまへーん。

アスカとシンジの掛け合いは同人で補完しましたw
世の中こんな人もいたりしますw
ななく 2012/11/21 12:10 AM
ホントそうですよね。
また、良しとした人間の興味をそそれるか、否かはクリエイターの力量によるのかもしれないと、今思いました。
ゆき 2012/11/24 11:22 PM




   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories
comment