スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- cm:0 tb:0
褒めれば伸びる子
 わーい。ななくさんに褒められた!!w。雪月は伸びるこですから、もっと褒めてw

褒めて伸びるといえば、先日の記事とも関連があるのですが、巷で話題のエヴァンゲリオン。中学時代に傾倒していた作品の1つで、旧作(という表現がいいのか?)TVシリーズ数十回と旧劇場版(D&R,Air/まごころ)は両作品とも劇場で2回以上見たのも良い思いでです。うち1回はななくさんの弟君と行きました。あぁ、懐かしや!。また、一緒に見に行きたいものです。本当に。

さてさてそれほど好きだった作品なのですが、今回放映されている一連の新作シリーズはまだ1度も見ていません。もう、雪月の中ではエヴァは完結しているからです。

先日の記事に書いたことで、1つ危険な事があります。それは、とある見方(パースペクティヴ)で見たときに、それがあっている・間違っているに関わらず、自身が納得してしまった場合、その作品の再解釈が非常に困難になるということです。

ちょっと例をあげると、シュレ猫みたいになりますが、不確定だったものが確定してしまうと元の状態には戻れないということです。生きているか・死んでいるか分からない箱をそのままにするか、開けて納得するか。開けた場合、もう一度閉めても、開ける前のワクワク感は戻りません。

エヴァに対して雪月は蓋を開けてしまったことになります。
批判は大いにあると思いますが、エヴァで鍵となるのはシンジ君と、何よりそのシンジ君の選択だと思っています。もう10年以上も前のことなので、内容もうる覚えですが、3rdインパクト後のシンジ君の選択こそ、雪月にとっては、相容れないものだったのです。(ATフィールドの境界がなくなって、1つになった時に、まさに冬月先生のいう「人類の未来は、碇の息子に委ねらた」状態の中で、そして、シンジ君は選択し、アスカと残り、シンジ君は殺すことが出来ずに、「気持ち悪い」で終わった。最後にアスカが残ったのは、現実であり、他人としての象徴であり、相容れないからこそ、彼女がなぜ「気持ち悪い」と言ったのか。個人的には旧作劇場版のこの一連のシーンがエヴァの主題であり、今放映されている一連の(全く内容は知らないので、間違っていることが多いかも知れませんが)YOU ARE (NOT) ALONE、YOU CAN (NOT) ADVANCE、YOU CAN (NOT) REDOのAlone(一人じゃない)、Advance(前に進める)、ReDO(やり直せる)が全て含まれ、それはシンジ君ではなく、あなた自身の選択によるものだという強いメッセージだったと雪月は解釈しました。現に(NOT)になるならないは、選択によるものだという解釈が巷で出ていますが、あれは作品以前にお前らに言ってんだよと言わんばかりの庵野監督からのメッセージだと思います。まぁReDOに関しては、覆水盆に帰らずと言うか、同じやり直しでも性質の異なるやり直しになるので、捕らえどころが難しいと思いますが。トップをねらえ!のコーチ曰く「こぼれた水はまた汲めばいい」にあたるのでしょうが。)

10年前、そうだと思い、メッセージを受け取った(勝手に解釈した)ので、この10年間でエヴァを超える作品はなかったという監督の言葉は、暗に「お前ら、まだわかんねぇーのかよ」とも言われているようで、新作関連はまだ見ていません。勿論、作品全て出揃った時点で、もう一度、旧作からの流れで見るつもりではありますが、当時のような感動は得られないのではないかと思っています。それは、雪月にとって、旧作はまさに通過儀礼であり、もう戻ることが出来ないからです。

さて、褒めて伸びるでこの話をしたのは、旧作最後の1人がアスカでなく、ミサトさんだったら、間違いなく雪月は未だにエヴァの呪縛から逃れられていなかったと思うからです。そして当時の雪月はそうであって欲しかったからです。(綾波はオカンなので、作品の性質として残らないのは決定的で、他人のうち、アスカではなくミサトさんと残り、「おかえりなさい」なんて言われた日にゃ、ゲシュタルト崩壊してしまいます。今でもw)。要は甘えんな!ということでアスカが喰われて取り込まれ、最後に残るのは、TV最終話の自分で殻を破れた「(気づけて)おめでとう!」のシンジ君とは違うルートで進んだ劇場版の終着点としては必然であった訳で、庵野監督を、鬱展開とか言っている人は何を感じ取っているのか聞いてみたいぐらいです。鬱と言うより、ものすごい優しさだと思います。アスカだったからこそ、今の雪月はなるべく自分で考えるようにしています。まぁ、当時からアスカはあんまり好きじゃなかったんですがねw。

現在、TV作品のミサトさん達と同じ年になった訳ですが、今ならミサトさんの気持ちも分かるのかなぁと思いつつ、彼女の言った「自己嫌悪とぬか喜びの繰り返しでも、前に進めた」というあの言葉の重みを感じつつ、自分の中では完結したつもりでも、実はまだまだ引きずっているとも知らぬ、言わぬが仏の気がします。今日はここまでにしたいと思います。

追。あー百合姫おもしれーwww
(いつも最後に台無し

雪月 兎 cm:2 tb:0
全俺を敵にした
 【男子限定】 死んでも嫁にしたくないキャラといえば?

この結果を見て、雪月大激怒ですよ。
恐らくアニメの影響が多々あるんでしょうが、あまりに1次元的な評価にびっくりです。

アニメや漫画を見る際に、雪月は大まかに以下の視点で、同じ作品を数回見ます。

1.全体を通しての完成度(ストーリーや作品の核となるテーマの表現・完結)
2.技法(アニメーションやコマ振り、画力など)
3.アニメとして、漫画としての完成度(ジャンルの利点を最大限表現)
4.オリジナリティ・アイデンティティの有無(他にはない魅力など)
5.作品哲学(作品の主題となる本質)
6.経済性・プロダクトとして(商品化など)

評論家ではありませんから、作品を批評すること目的としていません。また、芸術全般に言えることなのですが、どんな作品であれ、ある人には心に響く作品でも、他の人には響かないのは当然であります。それぞれ感性の違いもありますが、一番は自己の内面における問題、つまり平たく言えば、自身が経験してきたものや、なりたいものなど人によってバイアスは異なるが、自身の求める=内なる声が作品を通じて再認識される過程において、えもいえぬ気持ちや感動が起こり、こうした過程がうまく機能するか否かが、芸術を鑑賞する上で大切なことだと思っています。(小林秀雄の言う「沈黙に耐える」にあたる)。

いまいち上手く表現出来ていませんが、要は、作品を鏡とした場合に、自分がビームを出して、そのビームが反射して帰ってきた場合、もう一度そのビームをディテクトできるデバイスがあるかないかが重要だと思うのです。また、そのデバイスは種であり、断片化したもので、その反射により芽が出たり、花が咲いたり、まとまった形になったりするのだと思います。それが感動であったり、えもいえぬ気持ちだったりすると思うのです。

なので、批評する側は常に、製作者側から、作品を楽しめるだけのスペックもといデバイス(知識であり、経験であり)があるかが問われていると思います。また、純粋に作品を楽しむ上で、自身に種を多く持っていることが重要度と感じます。それは、雑学であったり、悩み事であったり、人それぞれですが。色んな物事に、素直に感じられる、アンテナの感度と範囲(感情の豊かさ)こそ、大切にしたいと思います。(アンテナは自身に備わるものです。ネットなど恣意的にフィルタリングをかけることが、無意識化したこのご時世だからこそ、忘れられているのかも知れませんが・・・。勿論ネットを1つのアンテナとも考えれますが、それは自身のデバイスでなく、あくまでもツールであり、恣意的なものです。twitterやgoogleでさえ、フィルタリングにより他の情報は入ってこなくなります。フォローしていない人のつぶやきは入ってきません。ですが、五感と呼ばれるものは、認識するしないに関わらず、情報として入ってきます。辞書が良い例です。カラーバス効果ではありませんが、そうした五感に関わるアンテナの感度と範囲を広げることが重要ということです。)

評論する側は、そういう種やアンテナ以外に、切り口となる知識や経験が必要で(パースペクティブ)、その切り口の多さが武器となり、多角的に物事を捉えられることこそ、評論家である証だと思います。

現代はまさにマルチメディアです。1つの作品でも、原作の漫画、アニメ、同人、ゲーム、実写と様々に展開できます。過飽和の状態であるとも思いますが、そうした様々な形態のメディアにより、ビジネスチャンスも広がったことも確かです。こうしてブログに書いたことが本になる時代です。「文芸的な、余りに文芸的な」をご存知でしょうか?絵画や本やオペラ、クラシックなどの古典が今なお愛され、新しさにも似た鮮度を保っているのは、その様式美にあらず、「人間的な、あまりにも人間的な」なものも表現としての生ける作品だからだと思うのです。

前置きが長くなりましたが、そうして目で作品を見直せば、投票されたキャラクターがすべていかに魅力的であり、投票は逆手に取れば、それだけ個性的であるという事です。特に化物語のように日本語の持つ特性や言葉そのもののダイナミズムを表現した作品は原作(活字)でしか味わえぬ良さと、その世界観を体現したアニメはまた、シャフトクオリティーもといオリジナリティー溢れる作品となり、人々を魅了しているのだと思います。

ただ、小萌せんせーに入れた奴マジ許さんwww

雪月 兎 cm:2 tb:0
現実逃避
 時間が出来ると、色々な事が出来るのですが、実はやりたい事が漠然としてあまり身にならないことが多々あります。また、やらなくてはいけない事がある時は、ついつい他の事をしてしまいはかどらないことも同様で。

海外を旅して帰国してから、日本の文化や歴史についてもう少し知るべきだと思いつつ、はや4年経ってしまいましたが、今は雪月にとって良いご時世で、そういった歴史や文学が漫画やアニメになっていたりするので、嬉しい限りです。

例えば、うた恋シリーズ。雪月は原作派なのですが、評判はあまりよくないですが、アニメもよく編集して作っていると思います。
大まかに言えば、在原業平から小野小町などの六歌仙(古今)から、小町が仕えた中宮・定子と紫式部へ流れは、学生時代古文が超絶意味不明だった雪月にも分かりやすいものに仕上がっています。枕草子や源氏物語の取っ付きは、「姫のためなら死ねる」や古典といったら怒られますが「あさきゆめみし」などは王道中の王道で、若い男子向けだと「源君物語」とかで興味を持つのも良いかと思います(マテw)。

また、百人一首を題材にしているので、「ちはやふる」も併せて読むと良いかもしれません。ちはやに関しては、競技カルタを題材にしているので、歌本来の情景はあまり出てきませんが、青春系少女漫画らしい透明感のある作品です。この透明感こそちはやの持ち味だと思います。(君に届けのようなまっすぐさのある少女漫画もいいですが、少しやる気がない時などに清涼感ある「ちはやふる」はオススメです。アニメも確か2期が決まっているので)。

他に、伊勢物語を題材というより、業平をかいた「月やあらぬ」など古典が苦手だった人にも漫画という取っ掛かりでさわりを知る方法がある今日は、受験生にとっても幸運だと思います。

先日、たいぷとも話していたのですが、稲荷神社。神社スキーの雪月のオススメである「いなり、こんこん、恋いろは。」や神社での庶務を描いた「神社のススメ」なども良いです。高校が仏教系だった事もあるのか、何故か仏教系には興味がそそられないです。仏教の教えと言うか、考えは非常に好きなのですが、お寺や仏閣に惹かれることがあまりなく・・・。ガッチャーミって知ってます?w。

あとは、漢詩やアジアの歴史、特に三国志を恋姫夢想で勉強するだけですかねぇw。
(そう言えば、昔から戦国時代には興味がなく、中学の頃は幕末が好きだったのに、今は鎌倉以前の平安や古代の飛鳥・奈良の歴史ではなく文学作品に興味を惹かれます。特に和歌に関しては、年を取ったせいか、俗に言う「もののあはれ」、しみじみと湧く情趣や哀愁を表現できた人々の感性を通じて、趣きある人生を送りたいと思います。また、小林秀雄の「本居宣長」を通して国学、もとい、自分の国というものに少しでも素養が身につけばと、心に決めた今日この頃です。まぁ英国の試験を突破するのが最重要課題なのですがね・・・w。冒頭に戻る。)

雪月 兎 cm:0 tb:0
ヒキコモリストの夜は長い
 先日はYAT安心雪月旅行・高山・諏訪・富士浅間の旅をご利用頂き、誠に有難う御座いました。

なんやら、氷菓のお米が売られるとか、何とか。雪月が行ったばっかりなのに・・・。
ミーハーですが、喫茶店好きの雪月も唸る雰囲気があったバグパイプさんは良かったです。

ヒキコモリストの雪月ですが、旅行に行く前にアニマックス?でやってたAチャンネルを見たんですが、OPがすごく好みだったので、ちょくちょく見てました。原作読んだことないんですが、きららとかの4コマ系漫画をアニメ化した作品の中では、かなり出来が良いのではないでしょうか?(言うて、諸葛謹大好きなんで、ひだまりスケッチとかあずまんがとかしか思い出せないので、4コマ系はあんまり知りませんがw)。カトレア幼稚園と小学校も続編とかでて、アニメ化にならんですかねぇw。まぁ最近のアニメ化になる流れは、ある程度分かる程度の能力を会得した雪月が今度アニメ化予想の漫画、ラノベを書きますよw。(たいようのいえとかアニメ化しそうな気がするんですがねぇ・・・。)

Aチャンネルは監督が小野学さんで、見たことあると思い、調べると咲(麻雀)の監督らしく、千里山編もそうだとか・・・(原作、もうよく分からんことになってますが。とくにフナQ。今月新刊でます)。咲の全国編もアニメ化決定ですし、初っちゃんの割れ目は再現されるんでしょうか?www。ちなみに咲関連の聖地は長野です。監督作品としては、あとホラ子も。

OPってすごく大事だとおもいます(PVも)。雪月はLittle Witch Fan DiscのPVが好きで、よく見てました。もちろん買いました(というかFC会員でしたからねw)

最近他には、FLCLとオカルト学院をレンタル(また長野w)。

フリクリはずっと見よう見ようと思っていてもう何年も経ってしまったのですが、見て正解でした。内容もさることながら、アニメとしての完成度が非常に高いというか、見ていて「あぁ、やっぱアニメってこうだよな!これがアニメだよな!」と思わせる作品。恐らく当時の技法からすると、かなり斬新なことを試しているので、できた当時に見ていたら、すごい衝撃だったと思いました。でも一番びっくりしたのが、EDで本谷さんが実写ででていたのには、「え?クレジットに本谷ってあるけど?え?これ?え?www」ってなりました。『生きてるだけで、愛。』は雪月が持ってる数少ないハードカバーの本の1つです。(他は猫背の王子とか花宵道中とか)。

オカルト学院は10話くらいからの戦闘の展開でちょっとポカーンとなりましたが、長野に旅行したくなる作品でした。アニメノチカラ3作品とも、個人的には好きです。(世界観てきにはソラノオトが好みです)。

エロゲ・アニメ共に最近は細かくチェックしていないので、何かオススメがありましたら教えてください。(次はギルティクラウンとかエルフェンリートだと今度は神戸監督になるかw)
今までやったことなかったですが、監督に絞ってアニメを見るのも面白いかもしれませんね。

追。変態王子と笑わない猫のPV見ましたが、小倉唯ちゃん最近人気ですなぁ。独特の声なので、良い声優さんになるとはおもうのですが、最近の声優さんは特徴的な人と演技の幅が広い人の差が露骨だと感じる、今日この頃です。

雪月 兎 cm:2 tb:0
今更ですが
 今度11月に東京へ行くのですが、「そうだ!三鷹(駅)に行こう」と思っています。
ジブリじゃないですよ?
時期的には少し早いのですが、聖さまが栞を待っていたあのホームに行こうかと。

そんなこんなで、まりみてなんですが、実は瞳子が妹になる・ならないくらいから読んでなくて・・・。
ななくさん持ってますか?w


雪月 兎 cm:2 tb:0
お参り
 ななくさんも色々出かけてはるみたいですが、夏休み最後の日曜日ということで、京都の貴船神社(すごく山のほう)と伏見稲荷大社へお参りに行きました。

まぁお参りなので、ちゃんとした格好でと思い、スーツの下とシャツを着て行ったのですが、暑すぎて汗だくの営業マンみたいになってしまいましたw。

貴船神社は京阪出町柳から叡山電鉄に乗って、鞍馬方面へ、貴船口で降りて、バスで5分くらいのところにあります。この時期は、川床(川の上に床を敷いてご飯食べる)がやっていて観光客で一杯でした。幸い、雪月は朝9時ぐらいにお参りに行ったので、人は少なかったです。
水の神様だけあって、すごく透明感のある神社でした。冬にもう一度お参りしようと思います。

お稲荷さんで有名な、伏見稲荷大社はやっぱりお金の力があるのか、すごく立派な神社でした。前知識なしに行ったのですが、祠の数の多いこと。何の神様を祭っているのか分かりませんでした。(毎日新聞系列?の祠もあったり)。

稲荷神社といえば、「いなり、こんこん、恋いろは」という漫画があります。うか様が超可愛いのですが、お稲荷さんと人間のハートフルストーリーで、お奨めです。

今月のFlowersに載ってる失恋ショコラティエ。ついに告白のシーンで、盛り上がってきました。報われるといいのですが、そうなるとエレナが可愛そうなことに。続きが気になります。
雪月 兎 cm:0 tb:0
蕎麦か寿司か、築地かコミケの次の週のアキバか浅草。もしくは代官山オシャレF○CKのち高円寺と中野ブロードウエイ井の頭。
ぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっ ぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっ ぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃぴゃっぴゃ

来週試験です。

まぁ試験と言ってもたいしたものではないのですが、まだ日本人が10人ちょっとしか受かってない無理ゲーみたいな?第六のチャクラまであるので(次受けるのは第2のチャクラ)道のりは長いですが。その度に帝都に出向くので、次はどこに行こうかと。おススメありますか?(自由時間2時間程しかないですがw)
雪月 兎 cm:0 tb:0
ハマコー
 ハマコーこと浜田幸一さん死去されたそうです。小学3年生の頃、国会議事堂へ行った際に、浜田さんとお会いし、写真を撮りました。もちろん当時は「誰?」と分からなかったのですが、大きくなってTVなどで見るようになって、有名な政治家さんだと知りました。

背丈はあまり大きな感じはしませんでしたが、写真を撮ったあとに「ボウズ、世界の男になれよ」と頭を撫でてくれたその手は、優しく大きかったのを覚えています。

残念です。ご冥福をお祈りします。

当の私ですが、世界の男どころか、部屋に出た超大型セセラギ(通称G、体長7cm)にびびり冷や汗をかいてますw。(掃除もしてるし、部屋で食べないのでなんでGがいるのか不思議ですが。)まぁ今まで見た中でダントツの大きさプラス超威嚇している雰囲気の毛羽立ち方だったのでね。進化系かもしれません。世界に通用する進化系セセラギだったのかもw
雪月 兎 cm:0 tb:0
アニメ化希望
 水城せとなさんの「脳内ポイズンベリー」。試し読みできます
個人的には水城さんの作品の中では一番アニメ化して欲しい作品。何度も押している「失恋ショコラティ」も第36回講談社漫画賞・少女部門を受賞。小学館のコミックなのに、なんで?とか思いましたが、水城さんの作品は少し大人な作品が多いので(最近は)、こちらのポイズンベリーは幅広い世代に読んで頂けそうな作風です。まぁヒロインのいちこさんは大人な女性ですけど、可愛さもあって「あぁ、水城さん上手いなぁ」っていつも感心してしまいます。

そんな雪月ですが、実は水城さんご本人に1度お会いしています。パリでw。大変美しい方でした。

「ダイアモンドヘッド」で面白い漫画家さんだなと思い、窮鼠シリーズでファンになりました。

女性の漫画家さんでは、水城さん、中村明日美子さん、三原ミツカズさんは必ず新作は買うようにしてます。

なんか、咲は次のヤングガンガンに載ってないらしい。残念
雪月 兎 cm:0 tb:0
まよいまいまい
 前回行きたかった「逆転裁判」は行けなかったので、この「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」に行こうかと計画中。銀英伝はPC98のソフトをもらったことで知ったのですが、まぁアニメ版も人が死ぬ死ぬw。クラシック好きになった影響の1つともいえるアニメです。

提督としてのカリスマ性もさることながら、参謀から色々出てくるキャラが魅力的で好きな作品です。まぁみんなことごとく死にますがw

それを宝塚がするとなれば、これは・・・!と。
以前阪急で2人づれのタカラジェンヌさんが、電車を降りる際に、あまりに惚れ惚れするエスコートをされていて、それ以来抱かれるならタカラジェンヌと心に決めている雪月ですが、さすがに1人で行くにはちょっとハードルが高い気もします。

うーん。どうしようw
雪月 兎 cm:0 tb:0
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
categories
comment